勇気を出してお客様が喜ぶことをしよう!

僕のタッカルビの素の弱点

本場の作り方としてトッポギ餅がレシピが書いていあるけと、

お客さんによってはトッポギの入手がそう簡単じゃなかったりすること。

京都の友人がトッポギを求めスーパーを5軒駆け回ったというFBコメントをもらったこともある

胸が痛んだ。都会京都の事情がそうだったらここ雲南市は言うこともない。

初前前からずーともやもやしてきた。

それで自分なりに地元のお米を使ったトッポギの開発を進めていることろである

しかし、課題が多く、どれぐらい時間がかかるかは分からない。

じゃ、どうする?

地元のスーパーにトッポギを置いてもらうように頑張るのだ。

それが僕が果たすべき責任!

でも、流通業界の生態系のことは全然分からないので、

心強い応援者の杜のパン屋の雨川さんに相談。

おおっ!もしかしたら可能かも!

ってことで勇気を出してスーパーの担当者へおねだりすることに。

行く前にシミュレーションしたが、

でも、このトッポギを陳列して欲しいというのが中々伝わらず、汗汗

「どのぐらい欲しいですか」っていう返事が返ってくる

本社に問い合わせしないと分からないです。。。

この商品は以前入荷を中止したことがあるので。。。

どこも前向きな反応はない。

だよね。僕みたいな個人事業主の依頼はちょっと難しいだろうとションボリ。

でも、返事を待ってみようと

1週間後、

「あ、もしもし、依頼したトッポギの件ですが、入荷しましたので」

おおおおお!こんなにスムーズに入荷してもらったなんて!!

これで地元スーパー3ヶ所でトッポギが買えるようになった!!!(従来1ヶ所、新規1ヶ所、入荷復活1ヶ所)

今まで悩んできた時間が報われたような気分。最高!

何でもやってみるもんだね。

これで僕も自信持って地元で売れるぞ!嬉しいなぁ~

追申)お礼に僕も頻繁にスーパーに行って買っています。多分担当者は気づいてないと思う。笑

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる