怖いから「パパファイトって言って」って息子に頼む

最近、息子は少しハングルが読めるようになったのが楽しいみたい。

朝からハングルの絵本を広げ、指で文字を指しながら読む

우주선[宇宙船]のページに止まる

パパ、この宇宙船に乗ってる人にタッカルビ作ってあげるが?(あげるでしょう?の方言)

そうだよ。宇宙飛行士さん達が食べるタッカルビ作りたいんだ。

だから、パパ、ファイトって言って。

パパ、ファイト!

もっと大きい声で~

パパ、ファイト!

グット抱きしめてあげた。

いや、息子に抱きしめてもらった。笑

パパ、怖いから。。恥ずかしくてそれは言えなかった。笑 こらえた。

最近、企業さんと色々と相談をしているけど、もうすでに何個の壁にぶつかっている。

いや、始めてもないのに。。

そう思っているこのころ

その不安、その壁の高さんに圧倒されてる気がする

その瞬間、息子の力強い応援に元気をもらった。

4才の息子がパパに救いの手を!!

これでしばらく頑張れそう!

この先、また、頼むかも。笑

っていうかワクワク感、不安、怖さ、失敗、小さな成功、挫折、立ち直り

夢に向かう全ての瞬間瞬間を息子と共有したい

いつか僕のタッカルビを運ぶ補給船(金色)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる