第5回目。チーズタッカルビ〆の具材殺菌テスト

チーズタッカルビ〆ごはんへ方向を変えることにした。

そのためにはまず、

殺菌がきちんと出来るかを改めて確認する必要がある

で、ある装置を利用することに。

紹介したします!RHマネジャー

これはレトルト食品などの製造の際、中心温度を測る装置で

食品の中に入れ、殺菌中の実際の芯温を測る装置。

最終的にこれをPCに繋いでデータをとる

というわけで、マニュアルを確認しながら準備スタート!

最初にセンサーを〆の具材の入った袋に入れる

これと一緒にもも肉と胸肉の2種類の〆具材を用意。

油気の酸化を考え、油気にも差をつけて用意。

おお。見た目から美味しそう!!

これと白ごはんを混ぜると美味しそう

後はプログラムをインストール

ドキドキ、途中でトラブルがありませんように。。

何とかスムーズにいけました!おお

では、殺菌機に3つの封路を入れ、温度と時間を設定し、殺菌スタート!

殺菌時間がかなり長いので、

その間、youtubeで化学忍者対ガッチャマンを鑑賞

ガッチャマンは韓国で子供の頃、

兄弟とよく見ていた伝説のテレビアニメ。

これを何十年後、大人になって日本で再視聴するなんて、

感激!不思議な気持ち。

ガッチャマンよ、僕が途中、寝落ちしないように希望と勇気をちょうだい!

時刻は深夜12時30分。

うとうと。まぶたが重い。。倒れそう。。

慎重に作業をしないといけないように

息子を寝かせてからじゃないといけないからこの時間

ピーピーピー。

殺菌機からなるアラーム!とうとう殺菌完了!

最後のデータ回収まであと少しだ!超眠い。

センサーを取り出しPCに繋いで。。

見事にデータがとれた!!!

しかも殺菌効果抜群!(後日の専門家によるデータ解釈の結果)

これで安心して宇宙食の殺菌が出来るのだ!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる